管理栄養士、栄養士の学校の選び方

管理栄養士、栄養士

 栄養に関する知識を生かし、給食のメニュー作成や栄養管理を行う職業。主に病院や学校、企業などで提供する給食づくりに関わっている。また、病院や福祉施設では、病気の人に対しどのような食事を取るべきか、専門的な栄養指導も行っている。

管理栄養士、栄養士の学校の選び方

施設設備・学べる内容・卒業生の就職先を調べよう

 まず学校の種類の選び方について考えてみよう。栄養士の資格は、大学や短大、専門学校の栄養士養成課程を修了すれば得られる。管理栄養士の資格は、栄養士の資格を取得したあと、実務経験を経て管理栄養士国家試験に合格することで得られる。一部の大学は管理栄養士の養成課程を設置しており、こうした課程を修了すれば卒業と同時に国家試験に挑戦することができる。管理栄養士になりたい場合は、管理栄養士の養成課程をめざすといい。一方で、なるべく早く就職したいのであれば、短大や専門学校を出て栄養士になるのがいい。大学と違って2〜3年で栄養士になることができる。
 次に個別の学校の選び方を考えてみよう。大学・短大・専門学校のいずれに進学するにしても、「施設・設備」「学べる内容」「卒業生の就職状況」はよくチェックするべきだ。どの学校に進んだ場合も、実際の調理や配膳を学内の実習施設で学ぶことになる。そのため施設が新しいか、規模が大きいかは学びやすさに直結する。また栄養士が活躍するフィールドは広く、さまざまな職場に就職することができる。例えば医療現場で働きたいなら「学べる内容」として医療系の科目に力を入れているかどうか、「卒業生の就職状況」として病院に就職している卒業生が多いかなどをチェックしてみよう。

管理栄養士、栄養士に必要な資格が取得できる大学を検索

管理栄養士、栄養士に必要な資格が取得できる専門学校を検索

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る