×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

地方公務員の将来展望

地方公務員

 暮らしやすいまちをつくるために、地方公共団体に属し、福祉・教育・文化など地域の生活環境を整えたり、行政サービスを提供したりする職業。いわゆる役所の人だけでなく、学校や病院、図書館の職員など、さまざまな人が地方公務員にあたる。

地方公務員の将来性

人気が高く就職は狭き門

 民間企業と比べて安定したイメージのある公務員の人気は高く、狭き門となっている。また近年では地方行政の改革が進んでおり、これまで以上に柔軟な発想力やチャレンジ精神を持った人材が求められている。
 今後は、公務員の安定性だけに着目するのではなく、地域振興に熱い思いを持った人がいっそう求められていくだろう。

 社会が大きく変化している今、例えば地方に外国人観光客を招く工夫や、地域の国際化、少子高齢化の対策など、地方公務員が中心になって解決していくべきことは多い。一企業だけでは難しいことも、行政の立場からさまざまな団体・企業の橋渡しを行うことで、解決していけるかもしれない。地方公務員の活躍の幅はこれからどんどん広がっていくだろう。
 地方公務員の働き方自体も変わりつつある。民間のお手本になるよう、男女の平等をはじめ、多くの人がより働きやすい環境が整えられていくと予想される。

この職業になれる専門学校を探す