職業情報 技能サービス系

管理栄養士、栄養士

管理栄養士、栄養士

管理栄養士、栄養士の仕事の内容

学問に裏づけられた栄養管理の専門家

 栄養士は、栄養に関する高度な知識を持ち、さまざまな給食施設でメニュー作りや栄養管理を行う専門家だ。中でも管理栄養士は、より高度な専門知識が求められ、一定規模以上の集団給食施設には、管理栄養士を置くことが法律によって義務づけられている。
 栄養士の活躍の場は、病院や学校、保健所などさまざまだ。病院では、入院患者の症状に応じた献立を考えるなど、病院食の栄養管理を担う。学校では、子どもたちのために、食べやすくて栄養価の高い給食メニューを作成する。また、保健所では栄養相談などを行い、地域住民の健康増進と病気予防に大きな役割を果たしている。

管理栄養士、栄養士の働き方と生活

職場によっては交代制勤務もある

 栄養士の勤務先は、病院や学校、給食センター、会社の社員食堂、老人ホームなど多岐に渡り、職場によって労働条件も異なる。総合病院などでは交代制勤務になっているところもあり、休日出勤もありうる。
 また、食品会社の研究職や栄養コンサルタントとして働く場合もある。

管理栄養士、栄養士にふさわしい人

食の知識を生かす応用力と豊かな感性

 まず、栄養について豊富な知識を持ち、新しい食品情報をメニューに生かせる応用力が必要だ。仕事は調理師などのほかのスタッフと連携して行うので、協調性も求められる。
 また、病院では食事について患者から相談を受けたり、退院後の食生活についてアドバイスすることもあるので、食生活全般の知識と説得力も必要になる。

管理栄養士、栄養士の収入、資格

収入 …  平均給与 約23万円(栄養士の場合・2015年厚生労働省調査)

必須資格 … 栄養士/管理栄養士

管理栄養士、栄養士に必要な資格が取得できる大学を検索

管理栄養士、栄養士に必要な資格が取得できる専門学校を検索

管理栄養士、栄養士の将来展望

今後期待される栄養指導者としての役割

 栄養の専門家へのニーズは年々高まっており、特に食品関連企業では、消費者窓口、新製品開発などの分野で高度な栄養知識を持ったスペシャリストを必要としている。
 最近では、肥満や生活習慣病の予防や治療に当たる栄養コンサルタントも注目されている。また、子どもに食習慣についての指導などを行う栄養教諭が配置されている小・中学校もある。

管理栄養士、栄養士にはこうすればなれる

管理栄養士養成課程への進学が近道

 栄養士の資格は、大学や短大、専門学校の栄養士養成課程を修了すると得ることができる。しかし、管理栄養士になるには、栄養士の資格を取得したあと、管理栄養士国家試験に合格しなければならない。
 大学などに設置された管理栄養士養成課程を修了すれば、卒業と同時に管理栄養士国家試験の受験資格を得ることができる。また、大学の栄養士養成課程を修了した場合は栄養士として1年以上、短大や専門学校の栄養士養成課程の場合、3年制は2年以上、2年制は3年以上の実務経験が必要だ。栄養教諭の資格を取るには、大学の栄養教諭養成課程で所定の単位を修得して、栄養教諭普通免許状を取得する必要がある。

管理栄養士、栄養士 なるためチャート

この職業を「気になる職業」に登録しよう!

この職業を「気になる職業」に登録している人数がわかる!
この職業を志望する人の志望大がわかる!

登録する

「職業検索」に戻る

「職業名から探す」に戻る