学芸員のやりがい

学芸員

 博物館に勤務し、資料の収集や研究、展覧会の企画、博物館の案内を行う職業。貴重な資料を扱い研究することや、資料を人に説明することから、高い専門性と学識が求められる。人気があり、就職はかなりの狭き門として知られている。

学芸員のやりがい

自分の好奇心を生かして社会に貢献する

 学芸員は資料を収集し、展示する仕事だ。自分の専門かつ関心を寄せる分野の、それも貴重な資料を収集する過程で、好奇心を大きく満たすことができるだろう。一般の人では味わえない、学芸員ならではの醍醐味だ。また収集した資料の保存状態が悪かったときは、自分の手で修復することになる。展示できるレベルまで資料を無事に修復できたとき、それによって寄贈者から感謝を伝えられたとき、そして来館者がその資料を興味深そうに見ていたときに感じられるやりがいはとても大きなものだろう。
 博物館に何を展示するか、特に特別展はその施設の学芸員がゼロから企画している。調査から展示まで、関わる仕事は多岐にわたり大変だが、その展示が成功して多くの人が施設を訪れたときの達成感は大きいはずだ。
 これらの仕事内容からわかる通り、学芸員の仕事は教育的な側面も大いにある。来館者に直接資料の説明を行う場面もあり、人にものを教えるのが好きな人にとって、嬉しい体験ができる機会に恵まれた仕事といえる。

学芸員に必要な資格が取得できる大学を検索

学芸員に必要な資格が取得できる専門学校を検索

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る