心理カウンセラーの仕事の内容

心理カウンセラー

 心の悩みを抱えた人、ストレスに耐えられなくなった人の相談に乗り、解決の手助けをする職業。心理テストやカウンセリングには専門的な知識が求められる。2017年には国家資格「公認心理師」が生まれたばかりで、注目が集まっている。

心理カウンセラーの仕事の内容

心の病を癒すカウンセリングのプロ

 複雑な時代を反映して、さまざまな悩みやストレスで心の病気にかかる人も少なくない。そうした人たちの相談に乗り、対話や心理テストなどを通して、悩みの解決策を本人自らが探っていく手助けをするのが、心理カウンセラーだ。
 職場は児童相談所、心身障害者施設、病院、裁判所、企業の健康管理部門など幅広く、職場によって相談内容も違っている。例えば、児童相談所では、問題を抱えた子どもの心理テストを行い、直接カウンセリングを行ったり、児童福祉司などに助言したりもする。障害者施設では、発達の遅い乳幼児にかかわる相談や指導などを行い、病院では、精神科の患者の心理テストなどを行う。

 このように、心理カウンセラーの活躍できる場所は多様であり、いろいろな人を相手にカウンセリングを行っている。近年は、特に教育現場における「スクールカウンセラー」としての役割に注目が集まっている。業務内容は病院と同じで、心理テストやカウンセリングが中心。相手はいじめに苦しんでいる生徒のこともあれば、過度のストレスに悩んでいる教員のこともある。こうした相手の心の負担を減らすことに加えて、例えばいじめや不登校が関係しているようなら、どのような行動を取るべきかアドバイスしたり、教員や医師、行政の担当者など関係者と情報を共有したりして、根本的な問題の解決に貢献することもある。
 そのほか、少年院の受刑者に対してカウンセリングを通して矯正を手助けするなど、心理カウンセラーは就職した場所に応じてさまざまな役割を担っている。

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る