心理カウンセラーにふさわしい人

心理カウンセラー

 心の悩みを抱えた人、ストレスに耐えられなくなった人の相談に乗り、解決の手助けをする職業。心理テストやカウンセリングには専門的な知識が求められる。2017年には国家資格「公認心理師」が生まれたばかりで、注目が集まっている。

心理カウンセラーにふさわしい人・適性

信頼を得る誠実さと幅広い視野が必要

 カウンセリングは、相手と対話しながら悩みや不安を解きほぐしていくもの。そのため、単に心理学に通じていたり、技術があったりするだけでなく、人として誠実であることや包容力があることも大切になる。信頼し、悩みを打ち明けてもらわないことにはカウンセリングにならないので、とても重要な資質と言える。また、相手の言葉や動作から心の動きを読み取る洞察力も必要だ。
 心の問題は、決して答えが一つしかないわけではない。相手が置かれている状況や立場を考えて、総合的に判断していくことが必要になる。加えて、相談者の立場や年齢はさまざまで、悩みの内容も人それぞれ違う。こうしたことから、幅広い視野や豊かな教養を持っていることが重要になるだろう。
 そのほか、相談者の悩み、苦しみに共感しすぎて、心理カウンセラー自身がつらい気持ちになってしまうこともあるため、気持ちの切り替えがうまい人、ストレスを解消する方法を持っている人だと、働きやすい。

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る