心理カウンセラーになるには

心理カウンセラー

 心の悩みを抱えた人、ストレスに耐えられなくなった人の相談に乗り、解決の手助けをする職業。心理テストやカウンセリングには専門的な知識が求められる。2017年には国家資格「公認心理師」が生まれたばかりで、注目が集まっている。

心理カウンセラーになるには

大学院で心理学を学ぶのが近道

 心理カウンセラーの国家資格は2017年に公認心理師法が施行され誕生した「公認心理師」、民間資格の(公財)日本臨床心理士資格認定協会の「臨床心理士」がある。「臨床心理士」試験の受験には協会が指定した大学院修士課程または専門職大学院の修了が条件となっており、大学院によっては1年以上の心理臨床経験が必要となる。心理カウンセラーを募集している医療施設などでは、これらの資格を採用の条件としているところもある。
 公務員としてこの職に就くためには、公務員試験の人間科学、心理などの区分に合格することが近道であり、大学の文学系、教育学系、社会学系学部で、心理学や臨床心理学などを専攻することが第一歩と言える。

心理カウンセラー なるためチャート

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る