×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 医療・看護系

臨床検査技師の将来展望

臨床検査技師

 医師の指示のもと、患者の血液や尿などの検体や、脳をはじめとした患者の身体の検査を行う職業。病院に勤務する人が多いが、検体の検査だけを専門に行う検査センターに勤める人もいる。また、がん細胞の検査を専門に行う細胞検査士という職種もある。

臨床検査技師の将来性

健康な人を対象とした予防のための検査が増える

 病気の治癒率を上げるために、最近はさらに多くの検査項目が指示される傾向にあり、臨床検査技師の果たす役割はより重要になっている。
 また今後は、がん検診をはじめとする生活習慣病予防のための検診など、健康な人を対象とした検査にも重点が置かれていくと思われる。

 検体検査に関しては、技術の進歩によって大部分が機械でできるようになった。ただし、コンピューターが示すのはあくまで結果。その結果をよりわかりやすい情報に加工したり、医師に説明したりするには、検査の専門家である臨床検査技師が欠かせない。加えて、採血をはじめとした検体を取得する過程も、変わらず人の手が必要になる。高度に発展していく医療技術に対してアンテナを張り続ける努力は求められるものの、臨床検査技師の重要性が揺らぐことはないだろう。
 そのほか、医療に携わる職業すべてに言えることとして、「チーム医療」が重視されるようになってきている。今後は自分の専門分野だけでなく、医師、看護師などの役割も深く理解し、積極的に情報を共有するなど、チームの一員として働くことが重要になっていくだろう。

臨床検査技師に必要な資格が取得できる大学を検索

臨床検査技師に必要な資格が取得できる専門学校を検索