臨床検査技師になるには

臨床検査技師

 医師の指示のもと、患者の血液や尿などの検体や、脳をはじめとした患者の身体の検査を行う職業。病院に勤務する人が多いが、検体の検査だけを専門に行う検査センターに勤める人もいる。また、がん細胞の検査を専門に行う細胞検査士という職種もある。

臨床検査技師になるには

国家試験の合格が必要

 臨床検査技師になるためには、臨床検査技師国家試験に合格しなければならない。
 受験資格は大学の医学部・歯学部や3年制の短大の臨床検査学科など、あるいは専門学校の養成課程、都道府県知事指定の養成所を卒業すると得ることができる。また、獣医学系・薬学系・保健衛生学系学部で必要な科目を履修して卒業した場合などにも受験資格が得られる。
 なお、臨床検査技師国家試験の近年の合格率は約7〜8割である。

臨床検査技師 なるためチャート

臨床検査技師に必要な資格が取得できる大学を検索

臨床検査技師に必要な資格が取得できる専門学校を検索

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る