×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 医療・看護系

臨床検査技師の働き方と生活

臨床検査技師

 医師の指示のもと、患者の血液や尿などの検体や、脳をはじめとした患者の身体の検査を行う職業。病院に勤務する人が多いが、検体の検査だけを専門に行う検査センターに勤める人もいる。また、がん細胞の検査を専門に行う細胞検査士という職種もある。

臨床検査技師の働き方と生活

施設によっては休日出勤や夜勤がある場合も

 主な勤務先は、大学の付属病院や総合病院の検査室などが挙げられる。また最近は、臨床検査を一手に引き受ける検査センターなど、病院以外での活躍の場が広がっている。
 勤務時間は、ほかの医療関係の仕事と比べると規則的と言えるが、病院によっては休日出勤や夜勤もあるようだ。

 病院で働く場合、規模や受け入れている患者によって、ある程度忙しさは変わってくる。大規模病院で、外来・入院問わずたくさんの患者を受け入れている病院であれば、それだけたくさんの検査を行うことになる。その分スタッフの数が確保されている施設が多いが、ほかの医療職と同様に、人手不足の施設だと激務になってしまうことも。また、重症の急患を受け入れている施設の場合、突発的な検査も迅速に準備をしなければならないうえに、いつでも対応できるよう夜間の呼び出しや当直が発生しやすく、やはり忙しく感じやすいようだ。責任も大きい分、人の命を救っているというやりがいは感じやすいだろう。
 検査センターで働く場合、検体検査のみを行うことが多く、患者に直接向き合う機会はほとんどない。1日のほとんどを大量の検査に費やすため、根気強い人、コツコツ作業するのが好きな人に向いていると言われている。また、病院と同様に夜勤がある施設や、勤務時間を交代制にしている施設も多い。

臨床検査技師に必要な資格が取得できる大学を検索

臨床検査技師に必要な資格が取得できる専門学校を検索