臨床検査技師の学校の選び方

臨床検査技師

 医師の指示のもと、患者の血液や尿などの検体や、脳をはじめとした患者の身体の検査を行う職業。病院に勤務する人が多いが、検体の検査だけを専門に行う検査センターに勤める人もいる。また、がん細胞の検査を専門に行う細胞検査士という職種もある。

臨床検査技師の学校の選び方

実習内容と施設・設備をよく見比べて

 臨床検査技師になるには、大学の医学部・歯学部や短大の臨床検査学科、あるいは専門学校の養成課程などを卒業し、国家試験に合格する必要がある。まずはこの養成課程がある学校から志望校を考えていこう。
 大学の医学部・歯学部、短大の臨床検査学科、専門学校の養成課程を順番に比較していこう。まず学ぶ期間でいうと、大学は最低4年間、短大と専門学校は3年間で、大きな差があるわけではない。どの学校でも卒業前の1年間は就職活動に費やすことになるので、じっくり学べる期間は3年か、2年となる。大学は学費がやや多くかかるが、その分学びに費やせる時間も長いので、その点を頭に入れて学校を選ぶといいだろう。
 次に、学ぶ内容でいうと、大学と短大は「学問」的で、専門学校は「実践的」という違いがある。大学や短大はバックグラウンドとなる医療的な知識を専門的に学べることがメリットで、専門学校は就職してすぐに役立つ技術を身につけられるメリットがある。それぞれ違ったメリットなので、どちらが自分に向いていそうか考えてみよう。また医療系大学や総合大学については、学ぶ領域が近い学部との合同演習や、併設している病院での実習ができるといったメリットもあるので頭に入れておこう。
 どの学校を選ぶ場合でも、「実習の豊富さ」と「施設・設備」はよくチェックすべきだ。実習の基本的な内容はどの学校でもほとんど同じだが、大規模病院への実習が可能であったり、実習の中で患者への接し方を学ぶことに力を入れていたりと、詳しく内容を見てみるといろいろな違いが見えてくる。じっくりカリキュラムを見比べて、違いを自分なりに考えてみよう。また、臨床検査技師は検査が中心の仕事で、実験器具を非常によく使う。施設・設備が新しい、病院で実際に使われている機器に触れられるといった特徴を持つ学校に進学すると、就職してから役立つスキルを身につけやすいだろう。

臨床検査技師に必要な資格が取得できる大学を検索

臨床検査技師に必要な資格が取得できる専門学校を検索

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る