×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 医療・看護系

臨床検査技師の収入、資格

臨床検査技師

 医師の指示のもと、患者の血液や尿などの検体や、脳をはじめとした患者の身体の検査を行う職業。病院に勤務する人が多いが、検体の検査だけを専門に行う検査センターに勤める人もいる。また、がん細胞の検査を専門に行う細胞検査士という職種もある。

臨床検査技師の年収・給与・収入

収入

・平均給与 31万9900円/月
・年収 約474万円
※年収の計算方法:きまって支給する現金給与額(31万9900円)×12カ月+年間賞与その他特別給与額(89万6500円)
※厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査」より
※10人以上の規模の事業所で働く臨床検査技師の給与月額男女計(平均年齢:39.7歳、勤続年数:11.3年、所定内実労働時間数:160時間、超過実労働時間数:11時間)

(男女計の平均年収は約474万円。多くの臨床検査技師の給与形態は「基本給+時間外(残業)手当+各種手当」となっているが、残業時間の少なさをアピールしている施設もあり、一概には言いづらい。手当として支給されるものとして、職務手当、住宅手当、通勤手当などがある。また、臨床検査技師の資格に対して資格手当が支給されることや、超音波(エコー)経験者を優遇することも。そのほか、大型の病院や急患の受け入れを行う病院では、当直やオンコール勤務が発生することもあり、別途手当が支給される。
 臨床検査センターで働く場合も給与の額に大きな違いはなく、資格手当や住宅手当などが支給されることが多い。)

臨床検査技師に必要な資格が取得できる大学を検索

臨床検査技師に必要な資格が取得できる専門学校を検索