職業情報 医療・看護系

臨床検査技師

臨床検査技師

臨床検査技師の仕事の内容

患者の血液や細胞、器官を多角的に検査する

 臨床検査技師は、医師の指示に従って、患者の血液や尿、便、脳波などを検査する医療技術者だ。
 その仕事は、大きく分けて2種類ある。一つは、患者の血液や尿などから細菌やウイルスを調べ、病気の原因を探り出したり、組織片などを取り出して細胞の標本作りを行ったりする検体検査だ。もう一つは、脳波検査や心電図検査、心音図検査など、患者の身体の表面や内部の器官からデータを採る生理学的検査(生体検査)だ。
 また最近、従来の仕事からさらに専門化した職種として、がん細胞の発見を専門とする細胞検査士(スクリーナー)という職種があり、がんの早期発見に貢献している。

この職業をめざすなら!

臨床検査技師の働き方と生活

勤務時間は比較的規則正しい

 主な勤務先は、大学の付属病院や総合病院の検査室などが挙げられる。また最近は、臨床検査を一手に引き受ける検査センターなど、病院以外での活躍の場が広がっている。
 勤務時間は、ほかの医療関係の仕事と比べると規則的と言えるが、病院によっては休日出勤や夜勤もあるようだ。

臨床検査技師にふさわしい人

理系分野に強く観察力に優れた人

 検査、分析といった仕事の性質上、やはり理系、特に生物や化学などの分野に強い人が望まれる。また、的確な観察力や判断力、慎重さなども当然必要になってくる。そして、疑問があれば徹底的に追究しようとする粘り強さと向上心も欠かせない条件だ。
 患者と接することもあるので、思いやりや気配りも大切となる。また、ほかの医療スタッフと組んでチームの一員として医療に参加することもあるので、協調性も必要だ。

この職業をめざすなら!

臨床検査技師の収入、資格

収入 …  平均給与 約32万円(2015年厚生労働省調査)

必須資格 … 臨床検査技師

臨床検査技師に必要な資格が取得できる大学を検索

臨床検査技師に必要な資格が取得できる専門学校を検索

臨床検査技師の将来展望

健康な人を対象とした予防のための検査が増える

 病気の治癒率を上げるために、最近はさらに多くの検査項目が指示される傾向にあり、臨床検査技師の果たす役割はより重要になっている。
 また今後は、がん検診をはじめとする生活習慣病予防のための検診など、健康な人を対象とした検査にも重点が置かれていくと思われる。

臨床検査技師にはこうすればなれる

国家試験の合格が必要

 臨床検査技師になるためには、臨床検査技師国家試験に合格しなければならない。受験資格は大学の医療系などの学部や3年制の短大の臨床検査学科など、あるいは専門学校の養成課程、厚生労働大臣指定の養成所を卒業すると得ることができる。
 また、獣医学系・薬学系学部で必要な科目を履修して卒業した場合などにも受験資格が得られる。
 なお、臨床検査技師国家試験の近年の合格率は約8割である。

臨床検査技師 なるためチャート

この職業を「気になる職業」に登録しよう!

この職業を「気になる職業」に登録している人数がわかる!
この職業を志望する人の志望大がわかる!

登録する

「職業検索」に戻る

「職業名から探す」に戻る

ページの先頭へ