×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

システムエンジニアの働き方と生活

システムエンジニア

 システムエンジニアは、コンピュータで動作するシステムを設計する技術者。顧客の要望を分析し、どのようなシステムをつくるべきか、機能などを細かく考えることが主な仕事だ。またプログラマーへの指示や、完成したシステムのメンテナンスなども行う。

システムエンジニアの働き方と生活

締め切り前には残業が続くことも

 システムエンジニアの勤務先は、コンピュータメーカー、一般企業の情報処理部門、ソフトウェア開発の専門会社などが一般的だ。仕事は時間的にも内容的にもハードで、締め切りに間に合わせるために夜遅くまで働くことも珍しくない。また、故障やトラブルが発生したときには、復旧のために休日返上になることもある。
 システムエンジニア(SE)には、社外SEと社内SEという2つの働き方がある。一般的にイメージされているのは社外SEだ。自社の外部に顧客企業を持ち、顧客の依頼に合わせてシステムを設計する。その都合で、他社にチームやデスクを設置して働き、プロジェクトごとに勤務場所が変わることも珍しくない。その分新しい技術や優れた人材に出会うチャンスが多く、仕事への刺激を受けやすいとも言える。
 一方の社内SEは、同じ会社の社員から依頼を受けてシステムの設計を行う。同じ会社の社員が相手なので、基本的に勤務地が変わることはない。あくまで社外SEに比べてだが、多少納期の融通が利きやすい面がある。また、コンピュータの専門知識を持つ人材として、システムエンジニアの本来の業務だけでなく、コンピュータに関するさまざまなトラブル解決を頼まれることもあるようだ。

この職業になれる専門学校を探す